2013年04月01日

仕事探しのポイント@ 就職・転職の道筋を多くする

自分が、どのような仕事に就きたいかが決まれば
次は、仕事探しです。

たくさんの仕事の探し方があります。
大事なことは、数多くの道筋を作ることです。
たくさんの求人媒体を、数多く利用しましょう。

具体的には

1.ハローワーク

2.新聞の求人欄

3.新聞広告の求人募集

4.街中の仕事探し系のフリーペーパー

5.求人雑誌

6.転職サイト

7.人材派遣会社

8.人材紹介会社

9.企業のHPからの応募

などです。

人材派遣会社は、就職希望でも、案件自体は少ないですが
紹介予定派遣の仕事などもあります。

紹介予定派遣とは、派遣先に、直接雇用されることを前提に
一定期間、派遣スタッフとして就業し、派遣期間終了時に
企業と本人が、合意した場合、正社員として採用される派遣の形です。

名前が似ていますが、人材紹介会社とは、正社員として働く企業を
紹介(斡旋)してくれるところです。
費用は、企業側が払うので、登録者は、無料で利用できます。

それぞれの、求人媒体の採用率ですが、企業側が払うお金が高額な
ほど、難しいといえます。

ハローワーク>求人広告>求人雑誌>転職サイト>人材紹介会社、
の順に、難しくなるといえます。

とはいえ、応募せずにあきらめてはいけません。
就職・転職活動は、「数を打つことが大事」ということを
忘れずにいてください。




▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。