2013年02月05日

印刷オペレーター・DTPオペレーター

● 印刷オペレーター

雑誌やポスターなど、紙媒体に、写真や文字を印刷する作業を行います。
最近では、紙媒体の他、金属や木材フィルムなど、印刷媒体も多岐に
わたります。

特に必要となる資格条件はありませんが、印刷するものの大きさや
多色刷り、原紙の取扱い等、重労働、かつ、知識や技術が必要で
長い時間をかけて、覚えていきます。

近年、印刷作業も、機械化されてきており、コンピュータによる
印刷方法に対応するスキルも、求められています。


● DTPオペレーター

「Desk Top Publishing(デスク・トップ・パブリッシング)」
の略で、印刷の前工程である、版下制作作業をコンピュータで行います。

印刷物のレイアウトデザインをもとに、DTPソフトや画像処理ソフトを
使って、印刷データの修正・加工を行います。

一般的には、専門学校などで、DTPソフトの操作を学び、出版社などに
就職し、業務に携わります。

また、出版業界のみならず、一般企業において、プレゼンテーション資料や
販売促進ツール、社内報などを作成する部署でも、活躍しています。



▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。