2013年02月07日

校正者・翻訳者

● 校正者

出版社が発行する雑誌や、書籍の原稿を読み、誤字・脱字のチェックや
正しい文章構成かどうかを、確認・訂正する仕事です。

誤字・脱字だけではなく、文章の雰囲気が、雑誌の雰囲気にマッチしているか?
レイアウトに問題はないか?など、原稿を、総合的にチェックします。

校正者は、膨大な量を処理しながら、なおかつミスの許されない職業です。
更に、出版物には、必ず締め切りがあり、時間との戦いになることも多いです。

校正者になるには、出版社への入社が必要です。

近年、電子書籍など、インターネットによる媒体が増えており
校正者の需要は、増加しているようです。


● 翻訳者

外来語を母国語(日本語)に変換する仕事です。

放送メディア、出版業界、国際産業分野など、外来語に関わる
ありとあらゆる場面で必要とされます。

翻訳レベルの外来語スキルがあれば、関連業界で仕事ができますが
それを訳す、日本語のレベルも必要になります。

スキルの証明には、外来語検定資格や、TOEIC、翻訳技能審査などがあります。

翻訳者として働くには、フリーランスで、出版社・翻訳会社などと契約したり
企業において、選任業務として、勤務するものがあります。



▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。