2013年10月31日

面接試験@ 服装と持ち物

履歴書など、書類による一次選考をクリアすれば
次は、面接試験です。

一次選考なしに、書類選考も含めて、いきなり、面接試験を
行う企業もあります。

また、一次面接、二次面接と、複数回、面接を行う企業も
あります。

そんな、面接試験に臨む時の注意事項です。

まずは、面接日と時間を確認。

忘れないように、部屋のカレンダーや、携帯電話のメモ、
手帳などに、書き留めておきましょう。

次に、面接試験の行われる場所を確認します。
電車などの、公共交通機関も調べ、家を出る時間を決めましょう。

余裕をもって、行動するのが一番ですが、遅刻しても
早く行きすぎてもダメです。

面接時間の3〜5分前に、入りましょう。

面接当日、面接場所が見つからない、わかりにくい場合は
応募先企業に電話して、確認しましょう。

服装は、男性はスーツが基本。
黒かグレーが好ましいです。

ワイシャツは白、ネクタイは派手でないもの、靴は黒、
靴下は、黒やグレー、紺などを着用しましょう。

カバンは、黒で、A4の書類が入るくらいの大きさが
かさばらず、よいでしょう。

女性も、黒のスーツが基本、グレーでも可。
ワイシャツは、白の開襟タイプで。

スカート丈は、座った時に、ひざが少し出る程度。
靴は、シンプルな黒のパンプスがよいです。

カバンは、男性同様、黒で、A4の書類が入るくらいの大きさで
肩かけタイプがよいでしょう。

面接に持っていくものは、面接試験時に、履歴書・職務経歴書持参の
場合は、各書類。

先に、一次選考で書類を送付している場合は、志望動機や自己PRを
確認するため、履歴書・職務経歴書のコピーを持っていきましょう。
面接前に、確認するとよいです。

求人票のコピーなどもあるとよいです。

筆記試験の有無にかかわらず、筆記用具(ボールペン、シャーペン、
消しゴム)は、持参しましょう。

他には、身だしなみをチェックするために、ハンカチ
手帳に時計、場合によっては、折り畳み傘なども。

女性は、ストッキングの替えもあるといいですね。

⇒ 面接の準備、マナー




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378367643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。