2013年08月29日

履歴書の書き方@ 基本事項

求人応募の第一審査が、履歴書になります。

企業によって、面接時に持参する場合や、先に郵送し、履歴書で
一次審査を行う場合があります。

後者の場合、あくまで書面のみで判断されますので、わかりやすく
しっかりと自己アピールをする必要があります。

郵送する場合、必要となる書面は、履歴書、職務経歴書、添え状の
3点です。

履歴書は、学歴、職歴などを記載するもの。

職務経歴書は、過去の仕事で、どういったことをしていたかを
詳細に書いてアピールするもの。

添え状は、簡単に言えば、「 よろしくおねがいします 」 という
手紙のようなものです。

なお、面接時に持参する場合は、添え状は不要です。

まず、履歴書の選び方です。

最近では、パソコンからダウンロードしたり、自作したりもできます。
それらを使用することに、特に問題はありませんが

手書きにこだわる企業もありますので、市販されている履歴書に
手書きすることをおすすめします。

市販されているものを使う場合、右下に「 保護者 」 の欄があるものは
学生バイト用なので、気をつけましょう。

履歴書は、新卒学生向けや、転職者向け、自己PR欄が大きいものなど
いろいろありますので、自分に合ったものを選びましょう。

サイズは、記載欄の広いA4版がおすすめです。

筆記用具は、黒のボールペンか、万年筆。

書き間違えた場合の修正は不可で、最初から、書き直しになりますので
ゆっくり落ち着いて、書いていきましょう。

コピーしたものを使うのは、厳禁です!

書き方は、「 です、ます 」 調で統一すること。

年号は、和暦か西暦、どちらかに、統一しましょう。

株式会社の記載を、「(株)」 などと省略しないように、気をつけましょう。

学歴では、同学校の入学、卒業などが繰り返しますが、「 ○○県立 」 などを
省略せず、「 〃 」 などの記号も使わずに書きましょう。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。