2013年03月14日

保育士・歯科衛生士

● 保育士

保育所などの児童福祉施設において、乳児から小学校就学前までの幼児を
保育する仕事です。

子供が好きであることはもちろん、明るく、人間性が豊かであることが
求められます。

保育士になるには、大学や短大の保育科などの保育士を養成する学校を
卒業することで、保育士の国家資格が得られます。

また、大学・短期大学・高等専門学校・2年制以上の専門学校を卒業した
人など、一定の条件をクリアしていれば、学校に通っていなくても
資格試験を受けることが可能です。


● 歯科衛生士

歯科医師の診療の補助を行うのが仕事です。

歯科医師の指示のもとで、患者の歯石を取り除くなど、虫歯や歯周疾患の
予防のための処置を行ったり、正しい歯磨きの指導、器材やカルテの管理
などを行います。

歯科衛生士になるには、短大や専門学校など、指定の学校で専門課程を修了
し、歯科衛生士の国家試験に合格して、資格を取得する必要があります。

職場は、歯科医院や病院だけでなく、保健所、各自治体の保健センターなど
もあり、保健所などでは、虫歯予防のアドバイスをしたり

保健センターでは、寝たきりの老人や、障害者を訪問して、歯磨きの指導
なども行います。



【仕事選び 主な職種 医療・福祉・保育系の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。