2012年12月16日

ヘルプデスク・キーパンチャー

● ヘルプデスク

社員や顧客など社内・社外からの、コンピューター関連のサポートサービスを行う業務です。
技術的なトラブルや質問に応対し、操作説明をしたり、障害原因を究明するなど
適切に回答する役割を担います。

状況に応じて、冷静に対応できる能力と、コミュニケーション能力、ITシステムに関した専門知識が
必要です。

関連資格には、「初級システムアドミニストレータ試験(AD)」、
「MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)」、「Office Specialist」、
「CompTIA認定資格」などがあります。


● キーパンチャー

専用端末や定型フォームに的確にデータを入力する業務です。
データは膨大な量があり、正確かつ迅速に入力する必要があります。

ExcelやWordといった一般的なアプリケーションソフトの操作スキルに加えて
ブラインドタッチができることが条件となる場合があります。
また、専用端末や、特殊な業務ソフトの操作経験を問う場合もあります。

キーパンチャーの技能を証明する資格として、「キータッチ2000」があります。




【仕事選び 主な職種 事務系の最新記事】
posted by ゆずMAN at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事選び 主な職種 事務系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305572256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。