2012年12月19日

SE・プログラマー

● SE

システムエンジニアの略。
顧客の要望に応じて、情報システムの設計や、ソフトウェアなどの開発、
プロジェクト管理、運営保守などを行います。

仕様書の作成から運用計画まで、システム導入に関わる行程をトータルに
管理します。

ハードの仕組みやソフトウェアの構築方法、業務全般に渡って、幅広い知識と
プロジェクト管理の経験が必要となるため

プログラマーとして、プロジェクト開発の経験を積んでから、ステップアップ
することが多いです。


● プログラマー

SEの作成した仕様書をもとに、情報システムなどに必要なソフトウェアの開発や
プログラミング言語(Java、C言語など)を使って、プログラムを作成します。

プログラマになるためには、ベースとなるプログラミング言語(Java、C言語など)
を習得し、開発に関する知識を身に付ける必要があります。

これらは、学校はもちろん、独学でも身につけることができます。




▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。